デート/マナー 婚活/合コン

外国人と国際結婚したい!でも…国際結婚の落とし穴って知ってる?

 

外国人の方と交際したり、ゆくゆくは結婚することを
夢見ている方も少なくは無いのではないでしょうか?

 

私は男性なので男性の意見がとても理解できますが、
ブロンドの美女やプロポーション抜群な外国人の女性を
見るとついつい目が行ってしまいます。

 

愛想の良い女性も多いのが外国人の特徴でもありますので、
日本人には無い魅力を感じますよね。

 

しかし、国際結婚には落とし穴がございます。

 

知らないまま国際結婚に踏み切ってしまうと
痛い目を見ることになりますので、
知識として備えておいて損は無いと思います。

国によって若干の違いがありますが、
私の中で代表的な落とし穴と感じるものを二つご紹介いたします。

文化の違いは亀裂の前兆?
まず一つ目は・・・

 

まず一つ目は食文化の違いです。

 

特に顕著に表れると思いますが、
国際結婚をして相手の国に移住するとなると
味付けも本場の物に近づけなければいけませんし、
母国の料理を食べられる回数が極端に減ります。

 

ハンバーガーくらいでしたら共通で広く販売されていますが、
日本食の代表とも言える蕎麦やうどん、
寿司や和食全般は日本料理屋に行かなければ食べられません。

 

相手の女性に合わせて向こうの味付けをメインにしてしまうと、
日本食が好きな男性は我慢を強いられることになりますし、

相手の女性も日本食が好きでないと長い
結婚生活が上手くいかなくなってしまいます。

 

食文化の擦り合わせは生きていく上で必要不可欠だと思いますので、
結婚前からしっかりとお互いの食文化を理解した上で交際しましょう。

家族間交友

そしてもう一つが家族間交友です。

 

日本でももちろん嫁姑問題など数多く取りざたされていますが、
それ以上に外国では宗教やイベントが多くあります。

 

アメリカでは、サンクスギビングやクリスマスは相手の家族も交えて
パーティーが開かれるのが当然と考えられていますので、
日本人同士以上に交流が盛んだと言えるでしょう。

 

あまり交流を持ちたくないと考えていらっしゃる方でしたら、
かなり厳しい風習だと言わざるを得ません。

 まとめ

 

日本人同士で結婚をしても、
元は他人同士が家族になるのですから問題は
数多く発生すると思います。

 

外国人との国際結婚となると更に増えますが、
それでも深い愛情があれば乗り越えられるという方のみ
踏み切れるのではないでしょうか。

 

相手への理解と自分への理解を深めつつ、ゆっくりと関係を築いていけば
多くの障害もものともしない夫婦になれると思いますので、
是非国際結婚への憧れを捨てずに実現へ向けて行動を起こして見て下さい。

-デート/マナー, 婚活/合コン

Copyright© 女性を引き寄せる“なぜかモテる男”の7つの習慣 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.