デート/身だしなみ 恋愛心理/会話術

イタリア人から学ぶ”恋愛テクニック”女性が言われて喜ぶ5つのアプローチ

女性のコミュニケーションは仲間と「共感したい」という心理や
「仲良くしたい」という
親和欲求が男性よりも強いです。

 

そのため、自分を褒めたり、肯定してくれる人を好きになりやすいです。

 

女性との関係は「褒める」ことで親密になることができます。

 

このテクニックはイタリア人から学んでください。

 

彼らはなぜ女性を喜ばせることができるのか?

 

モテる男は、女性を喜ばせる歯の浮くようなセリフをサラッと言ってのけます。

 

自分自身の好感度を上げるテクニック、褒めるコツは相手が普段言われ
慣れていない長所や
意外性を感じる部分を指摘することができます。

 

では、どんな言葉やフレーズがあるのか見て見ましょう。

外見を褒める

 

女性は誘われる側の受け身な体質なので常に男性から注目されたいと思っています。

 

外見に関することは最も気づきやすく簡単でさり気なく褒めることができます。

 

例えば、こんなキーワード

 

  • 「今日も可愛いね」
  • 「綺麗な顔だよね」
  • 「俺のタイプだよ」
  • 「モデル体型だね」
  • 「芸能人の〇〇に似てるよね」
  • 「髪サラサラじゃん」

 

など外見の特徴はスムーズに指摘できます。

 

また、女性はあなたとのデートする時は服装やアクセサリーにも張り切ってます。

 

これらについても

 

  • 「その服かわいいね」
  • 「ネックレスのセンスいいね」
  • 「口紅変えた?似合ってるよ」

 

などと言われると彼女はきっと喜んでくれることでしょう。

 

彼女に関する目に見えたことは全て、批判的にならずプラスの言葉で褒め上げましょう。

内面を評価

女性は良き「相談相手」や「理解者」を求めています。

 

彼氏にしたい男性には、自分の話しを親身になって聞いてくれて悩み相談など、
短所やコンプレックスなどを受け入れてくれる男性を好きになります。

 

人は誰しも自分の内面や性格が周囲の人に受け入れられているか不安です。

 

特に女性は、自分に自信を与えてくれたり、 自分を励ましたり、
肯定してくれる男性に心を開き惚れやすいです。

 

その人の内面は見た目にも表れますが、普通の人からは見えない性格を評価された方が嬉しいものです。

 

  • 「いつも周りのこと考えて動くよね」
  • 「普段大人しいけどやる時やるよな」
  • 「その考え方は俺も好きだよ」

 

などなど。

 

女性は自分を認めてくれる男性がいたら恋愛対象として意識してしまうのは間違いないでしょう。

気遣いや行動の観察

女性は男性と比べると日頃いろいろな欲求を我慢しながら生活しています。

 

男友達と会う時などは、愛想が良く表面的には仲良くしているように見えるものの、怒らせないように言動に注意したり、
猫被った態度をしていたり、周りの評価も常に気にしていたりもします。

 

でも、そのような細かい気遣いをあなたが察して感謝の言葉を述べると一気に彼女の評価が高まります。

 

例えば、

 

  • 「本当にいつも気が利くよね」
  • 「相手をかばってわざとミスったでしょ?」
  • 「俺がこのお土産好きなのよく覚えてたね!」

 

などなど。

 

女性はお世話してあげたいという母性本能やもっと必要とされたいという従属的な心理があることから、
あなたからお礼を言われたりすると嬉しく感じます。

 

女性を喜ばせたいのなら、自分のためにしてくれた行為に対して感謝の気持ちを述べましょう。

一緒にいる時の雰囲気やムード

一緒にいる時に男性がどのような心理でいるか?

 

女性は非常に気になって疑心暗鬼になっています。

 

モテる男性は無口よりも能弁でお喋りなタイプです。

 

それは自分の心理を素直に語ってくれるから、女性は警戒心を解き安心感が芽生えるのです。

 

彼女の印象を褒める時、特に喜ばれるフレーズは、

 

  • 「お前と一緒にいると落ち着く」
  • 「なんか安心して素の自分が出せる」
  • 「話していると気が楽になる」

 

などです。

 

長年付き合っていれば言葉にせずとも沈黙して向かい合っているだけで
お互いの気分はある程度は理解できてしまう。

 

でも女性はあなたに本音や本心を口に出してもらわなければわからないのです。

 

女性の不安や疑心暗鬼を取り除くためにも、今の自分の気持ちを本音で 伝えることで恋もスムーズにいくでしょう。

能力や仕事を褒める

女性の仕事を褒めることは、尽くしてあげたい本能をくすぐる要素があるので
女としては非常に嬉しい褒め言葉となります。

 

会社でも褒め上手な男性上司は女性の部下と付き合ったり
結婚することが頻繁にあります。

 

女性が何か使命感を持って物事に取り組んでいるタイミングは最大のアタックチャンスです。

 

例えば、

 

  • 「行動に無駄がないよね」
  • 「もう終わったの?さすがだね」
  • 「信用してるからね、次も頼んだよ」

 

など。

 

女性は叱られると敵対心を抱き、褒められると友好的になります。

もう一言

いかがでしたか?

 

日本人ではとても恥ずかしくて口に出せないような言葉や行動をサラッとやってのけるわけですが、
イタリア人の男性の文化は女性を喜ばせることです。

 

彼らは特定の女性から好かれたいわけではなく全ての女性に対して常に喜んでもらいたい、
楽しんでもらいたい、笑ってもらいたい、という社交性からきているのです。

 

その結果、女性からモテているというだけです。

 

これからも女性からモテるために、損得勘定抜きで、誰にでも優しく言葉をかけるようにしたいですね。

  • この記事を書いた人
アバター

恋愛P

職業:恋愛プロデューサー / 豊富な恋愛経験(経験人数617人)ホストやキャバクラ、ナンパ経験を元に、もっと男を磨きたい人を指導 / 婚活専用の会員制コミュニティを運営 / ただ「女を落とす」ということ特化しているコンテンツは作らない / 女性に求められる男になるマインドセットの指導を徹底している。

-デート/身だしなみ, 恋愛心理/会話術

Copyright© 女性を引き寄せる“なぜかモテる男”の7つの習慣 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.