ナンパ/出会い 恋愛心理/会話術

これは使える!社内恋愛を成就させる5つのキッカケ作り

職場で恋に落ちたことありますか?

 

この質問に多くの人が「ある」と回答します。

 

やはり同じ空間で作業したり、帰り道が一緒になったりすれば自然と意識してしまうものだと思います。

 

実際に、その出会いがきっかけで付き合ったり、そこから発展して結婚に至るケースは多いですよね。

 

社内恋愛は些細なきっかけで、ただの同僚が気になる男性へと変わったり、
気付けば仕事仲間と思っていた女性を意識してしまったりするものです。

 

今回は、職場恋愛に発展するきっかけについてご紹介しますので、参考にしてみて下さい。

 

女性が男性を意識する社内恋愛のキッカケを知っておけば、出会いの幅が広がることでしょう。

挨拶をする

「職場恋愛のきっかけが挨拶?」と思うかもしれませんが、
挨拶を繰り返す内に仲良くなり、会話が弾んで距離が縮まるということは少なくありません。

 

会社が大きければ大きいほど、気になる相手とは別の部署や帰る時間もズレてきたりします。

 

なので一度会社のプロジェクトで一緒になったりとか、通勤や退社時に出会った時は
一度顔見知りになっているはずなので挨拶することが重要です。

 

職場での挨拶は基本的なビジネスマナーですが、
職場で最も簡単に取れるコミュニケーションですよね。

 

心理学的な観点で考えると、職場での挨拶は「単純接触効果」によって警戒心が無くなっていき、
明るく気持ちの良い挨拶は好感度がアップしていきます。

 

また、自分に対して挨拶をしてくれるということは「女性は自分を嫌っていない」
と男性は考える傾向にありますので
自然と心も上向きになるものです。

 

デスク周りや職場のフロアだけではなく、会社ビルに入る前やエレベーター待ちの時でも、
目が合った時は会釈でも挨拶をすると好感を持たれます。

 

職場恋愛のキッカケを広げてくれる明るい挨拶を心掛けて、
女性からのポイントを稼いでしまいましょう!

一緒に仕事をする

職場恋愛のきっかけとして多いのが、
一緒に仕事をしている内に好きになっていたパターンでしょう。

 

「仕事を一緒にしている内に、気がつけば同僚の女性を好きになっていた・・・」
といった経験がある方も多いのではないでしょうか?

 

共通の目標に向かって共同作業を行うことで
「時間」「空間」「体験」を共有することになります。

 

相手の苦労も分かれば、アナタの苦労や努力も理解されるようになります。

 

一緒に仕事をすれば連帯感や親近感が生まれ、
相手の価値観や性格も分かってくるものです。

 

「同僚女性はこういうタイプだから、これを教えておいた方が良さそうだな。」

「彼女がわかりやすいように、ここは僕がまとめておこうかな。」

 

などと、仕事の効率を考えていることが、
自然と相手を思う気持ちに変わっていくこともありますよね。

 

職場という特殊な環境であるからこそ、
上司や部下、同僚女性の人柄を理解することが出来ます。

 

一緒に仕事した女性が少しでも気になるようであれば、連絡先を交換したり、
一緒に食事に行ったりしてみてはいかがでしょうか。

 

思わぬ職場恋愛のきっかけが転がっているかもしれませんよ!

悩み相談を聞く

職場恋愛のきっかけとして、女性は仕事の悩みを相談している内に恋愛関係に発展することがあるでしょう。

 

同じ環境で仕事する仲間・同僚であるからこそ相談出来るもので、
同じ職場であるからこそ同僚女性の悩みを理解してあげられるものですよね。

 

男性心理としては女性に頼られる喜びを感じることになりますので、
素直に頼ってくれる女性の好感度はアップしていきます。

 

また、「●●君にしか相談できないこと」と特別感がある場合、
男性の中で保護本能が働いていくので、
女性が特別な存在のように思えて行く傾向にあります。

 

責任感がなく、何でもかんでもアナタに甘えて仕事をしない女性は、
良い女性ではないかもしれませんが、本当に困っている時には、
悩みを聞いてあげると女性からの信頼度も上がるでしょう。

 

仕事が上手くいくだけではなく、職場恋愛のきっかけも掴めてしまうかもしれませんよ!

仕事ができる

仕事が出来てバリバリ働く男性は当然、魅力的に見えるでしょう。

 

女性的観点で見れば、結婚後・出産後も自分のため、
子供のためにしっかり稼いできてくれる男性を望むのは当然で、
職場恋愛のきっかけとなることは多いかと思います。

 

では、仕事が出来る男性はどのように職場恋愛のキッカケを掴めばいいか?

 

答えは簡単です。

 

何もしなくていいのです。

 

いえ、むしろ何もしないでスマートにいてください。

 

例えば、普通の会社であれば、四半期査定など、給料面や役職が上がるイベントや
営業成績が一番ならそれを称えて社内で拍手が起こります。

 

つまり、仕事ができる人は無駄にアピールしなくても
その存在は社内で知れ渡っているのです。

 

強い雄に雌は群がります。

 

これは自然の摂理です。

 

仕事ができるということ自体、すでに勝ち組に入っているわけです。

 

しかし、現状として、仕事がまだできないと思っているのであれば、
努力なしに輝くことを考えずにコツコツと真面目に地道に前に進むことを目指しましょう。

 

堅実な姿勢を周囲に見せていれば、それは必ず仕事でも恋愛でもプラスになってくれます。

 

大きな活躍ができなくてもいつでも一生懸命に真剣に頑張る姿が好きという女性は必ずいます。

 

堅実さや真面目さも同時に大きな武器となるのです。

 

あなたがもし今仕事ができないと思っているとしても、
前向きにがんばることだけは忘れないようにしましょう。

飲み会やランチ会

職場恋愛のきっかけの代表格とも言えるランチや飲み会。

 

これは会社に勤めている人なら必ず起こるイベントです。

 

まともな会社であれば、新年会、忘年会、夏はバーベキュー、
月一回の決起会のような飲み会が必ずあります。

 

人はお腹が満たされれば機嫌が良くなり、リラックスした状態になるので、
仕事中と比べて心がオープンになりやすくなります。

 

飲み会であればアルコールが入ることにより打ち解けやすくなりますし、
職場ではしないようなプライベートな会話も弾むようになります。

 

また、男性はアルコールが入るほど、ビール・ゴーグル効果によって女性が魅力的に見えてきますので、
特に飲み会は好感度を上げるチャンスの場となります。

 

飲み会がきっかけで職場恋愛に発展したというエピソードも耳にするかと思いますが、
働いていると意外と飲みに行くことってありますよね。

 

上司や会社の愚痴を言い合って距離を縮めることも出来ますが、
職場の男性であることを忘れずに、あくまでさりげなくアピールすると良いでしょう。

 

もちろんお酒に飲まれてしまわないように、注意して下さいね。

 

「この人と飲みに行くと面倒だから…」というレッテルを貼られてしまうと、
恋のキッカケを逃してしまうだけになってしまいますので。

まとめ

職場恋愛のきっかけは身近に転がっていると言われますが、
どこの職場でもキッカケはあるかと思います。

 

「社内には良い男性もいないし、最近出会いも無いな…。」と考えているのであれば、
社内恋愛だけではなく、取引先にも目を向けて受付や事務の方などと関係を作るもの一つです。

 

恋が始まるキッカケを逃している可能性があります。

 

「あれ?これって職場恋愛のきっかけになるのかな?」
と色メガネを外してみると、恋のキッカケが見つかっていきます。

 

職場だけでなく仕事の環境を活かして様々な女性に
アプローチを仕掛けてみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人
アバター

恋愛P

職業:恋愛プロデューサー / 豊富な恋愛経験(経験人数617人)ホストやキャバクラ、ナンパ経験を元に、もっと男を磨きたい人を指導 / 婚活専用の会員制コミュニティを運営 / ただ「女を落とす」ということ特化しているコンテンツは作らない / 女性に求められる男になるマインドセットの指導を徹底している。

-ナンパ/出会い, 恋愛心理/会話術

Copyright© 女性を引き寄せる“なぜかモテる男”の7つの習慣 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.