デート/身だしなみ 婚活/合コン 恋愛心理/会話術

合コンで「モテる男の服装」と「モテない男の服装」の3つの違い

合コンに足を運ぶ機会に恵まれたら、
とにかく少しでも見た目を良くしてモテたいですよね?

 

実際は、男性よりも女性の方が多くの箇所に
気を遣っている印象があります。

 

それなのに男性が全く気を遣っていなくて
いいという訳ではありません。

 

人は第一印象で多くが決まってしまいますから
当然、女性から好印象を持たれるためにも、
勝負服でキメて行く必要があります。

 

しかし、女性にもモテる服装がある様に、
男性にもモテる服装があるという事を
知らない人って結構多いです。

 

モテる服装とモテない服装の違いを3つ紹介しますので、
合コン前にチェックしてみて下さい。

なぜ黒はNG?

まずは配色です。

 

スーツのジャケットの様にスマートな服なら問題はありませんが、
基本的に私服で黒を取り入れない方がモテるようになります。

 

例えば、
黒光りしたライダースジャケットなどを着ていくと、
格好良いのですが、その分怖い印象を与てしまいます。

 

暗い色は、強そうな、逞しい男性が好きな女性には
ウケが良いかもしれません。

 

しかし、万人ウケする配色ではないので、
モテたいと考えた際には取り入れないようにしましょう。

清潔感は世界共通

1つの概念にもなりますが、
清潔感の無い服装は、絶対にモテませんので止めましょう。

 

最初の1分(見た目)で合コンは大半が決まります。

 

時間がなかったからと行って、汗だくの作業着で参加したり、
オシャレとは程遠い、髭や髪を伸ばすのもNGです。

 

例えば、ブルーのシャツを着ている爽やかな男性と、
ちょっと濁ったカーキ色のジャンパーを着ている
男性でしたら前者の方が圧倒的にモテます。

 

配色の部分と合わせて、清潔感も意識するようにして下さい。

ブランドよりもサイズ感

最後はサイズ感です。

 

「男性にはどんな服をきて欲しいですか?」
よくTVや雑誌で女性がインタビューで答えています。

 

「その人に似合っていればいいと思う。」

 

その似合っていればいいというのは、
「サイズ感」のことをいいます。

 

例えば、太っている人が頑張って細身のコーディネートしても
本人のみならず、他人から見ても苦しいだけ(笑)

 

逆に細い人がR&B系のダボッとした服装を選ぶ男性は
服を着ているより、着させられている、粋がっている
高校生のように見られてしまいます。

 

またよく勘違いされやすいのですが、なんでもかんでも
ブランドで全身を覆うのは間違いです。

 

それはブランドの力を信じて着ているだけで
本人に似合っているとは限らないのです。

 

ベルサーチとかいい例ですね、ブランドだからと言って
あれを着こなせる人は中々いないですよね。

 

 

年齢を重ねれば重ねる程、スマートに着こなせた方が
好印象を持たせれるため、女性から反響がありますので、

体型に合った服装を選ぶようにしましょう。

 

細身の男性が二回りも大きいトレーナーを着ていたり、
逆に太っている男性が着ているシャツのボタンが
弾けそうになっていてもモテる事はありませんので、
自分の体型を顧みて服装を決めてください。

  • この記事を書いた人
アバター

恋愛P

職業:恋愛プロデューサー / 豊富な恋愛経験(経験人数617人)ホストやキャバクラ、ナンパ経験を元に、もっと男を磨きたい人を指導 / 婚活専用の会員制コミュニティを運営 / ただ「女を落とす」ということ特化しているコンテンツは作らない / 女性に求められる男になるマインドセットの指導を徹底している。

-デート/身だしなみ, 婚活/合コン, 恋愛心理/会話術

Copyright© 女性を引き寄せる“なぜかモテる男”の7つの習慣 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.