婚活/合コン 恋愛心理/会話術

成功率100%!彼女はこんなプロポーズを待っている

大好きな彼女にプロポーズするなら思い出に残るように演出したいですよね?

 

彼女のことを真剣に考えているからこそプロポーズの言葉とタイミングを選ばなくてはなりません。

 

でも、長く付き合っているからと言って、プロポーズを断られる可能性が無いわけではありません。

 

相手の感情やタイミングが合わなければ、女性に振られてしまう可能性も当然考えられます。

 

そこで成功率100%のプロポーズをご紹介したいと思います。

 

彼女が求めている言葉やタイミング知ることが出来れば、無事ゴールインできるでしょう。

プロポーズのタイミング

このプロポーズのタイミングがかなり大事で、相手がそこまで結婚についてまだ真剣に考えていないなら
成功率はかなり下がってしまうでしょう。

 

では一体どんなタイミングがベストなのか?

 

それは相手がプロポーズして欲しい、タイミングを話してきたら、
もしくは同意を得られた場合がベストなタイミングと言えるでしょう。

 

例えば、

「両親に挨拶にこいと言われている」

「将来。子供は女の子と男の子バランスよく欲しい」

「私達付き合ってもう〇〇年だね」

 

という少し変化球気味の言葉を投げてきたり、

 

「式をあげるならハワイがいい」

「指輪のサイズは〇〇号です」

とストレートに投げてきたり(笑)

 

そんな言葉が出てきたらタイミングバッチリなのではないでしょうか?

タイミングを誘う

彼女がシャイだったりした場合は、なかなか言葉で言い出せないかもしれません。

 

そんな時は、恋愛関係のドラマや映画、雑誌などを一緒にみて
「こんな結婚式素敵でいいよね?」と誘導してみたりしましょう。

 

そして将来についても少しずつ語っていきましょう。

 

あとは親戚や友達の結婚式があれば、一緒に参加すれば気持ちも盛り上がるでしょうし、
ついでに両親にも挨拶させることもできるので一石二鳥となります。

 

そして両親に合わせれば必ずこう言うでしょう。

 

「二人はいつ結婚するの?」

「今後の予定はどう考えていますか?」

 

など、うまく自分の両親を使って誘導させましょう。

結婚シミュレーション

まずは自分が結婚してからの話。

 

「結婚したら子供には野球とかスポーツをやらせたいんだ」

 

とか

 

「今はイクメンが流行っているし家事は役割分担が普通だよね」

 

とか

 

「なるべく家族と一緒に入れるように転勤がある仕事はやめて転職しようと思う」

 

とか将来のことも少し話しておきましょう。

 

そして彼女の将来も聞き出します。

 

「女の子の子供ができたら色々着せ替えできたりして楽しいみたいだね」

 

とか

 

「やっぱり子供にはいい教育を受けさせたいし、大学にも行ってほしい」

 

とか

 

「家族でハワイに移住して過ごすのもいいかもね」

 

などなど、約束をする必要はありませんが、彼女の願望をどんどん膨らませましょう。

 

この時点でまだそれほど反応がない場合は、あきらめて引き続き交際を続けていくしかありません。

2種類のプロポーズ

相手の反応もタイミングをOKとなった時はプロポーズしましょう。

 

プロポーズは大きく分けて二種類しかありません。

 

  • ストレートに伝える
  • 遠回しに伝える

 

変化球のプロポーズでよくある例は、海外の番組とかでドッキリ気味に演出するものです。

 

例えば、飛行船バルーンがやってきてその飛行船に「結婚しませんか?」
という文字が書いてあったり。

 

ちょっと外に散歩に行こうと誘い出し、地面にはキャンドルで書いた文字があったり、
そんな変化球も女性は嫌いではないでしょう。

 

でも、どちらの方が女性が喜ぶかと言うと、それはストレートになります。

 

でも多少の演出はあった方がいいと思いますよ。

 

例えば、花火が打ち上がった最後にプロポーズしたり、
レストランでプロポーズが成功したら、生の演奏が流れたり。

 

どちらにしても最初で最後のプロポーズですから、ビシッと最後は決めたいですね。

最後に

いかがでしたでしょうか?

 

これまでのタイミングや演出をして「結婚してください」と伝えて失敗することはまずありません。

 

プロポーズするシチュエーションにこだわりを持ってみたり、高級なディナーに誘って特別感を出してみたり。

 

人生において最大級のイベントとなるプロポーズですが、気恥ずかしい思いも影響して中々言い出せない事でしょう。

 

しかし、その躊躇いがあるせいで最良の結婚相手を逃がしてしまう可能性があることを忘れないでください。

 

プロポーズ出来なかった次の日に、彼女の心が揺れ動くことがあるかもしれません。

 

「あの時プロポーズしていれば・・・」

 

こんな後悔をしなくて済むように、婚前最後の男らしさを発揮して言葉は下手に飾らず、
素の自分で結婚を申し込むようにしてください。

  • この記事を書いた人
アバター

恋愛P

職業:恋愛プロデューサー / 豊富な恋愛経験(経験人数617人)ホストやキャバクラ、ナンパ経験を元に、もっと男を磨きたい人を指導 / 婚活専用の会員制コミュニティを運営 / ただ「女を落とす」ということ特化しているコンテンツは作らない / 女性に求められる男になるマインドセットの指導を徹底している。

-婚活/合コン, 恋愛心理/会話術

Copyright© 女性を引き寄せる“なぜかモテる男”の7つの習慣 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.